そもそもインターネットというツールが存在する限り、どんな形態であろうとも基本コミュニケーションがとれるモノであれば、全部を対象としてみないと無理な話だと思うわけですけどもね。

そういう意味では、SNSは勿論のこと、掲示板もブログやライブ配信サイトにアプリも、すべてのネットでコミュできるモノは、「出会い系サイト規制法(正式:インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律)」の対象とすべきであって、勧誘もさることながら、直接誘引行為等をしているユーザーも含め管理する運営会社をも取り締まるべきと考えるわけです。

18歳未満のインターネットへアクセスできる人が果たしてどれだけ国内に存在するのか?
スマホを始め今時の携帯電話機等やゲーム機や音楽デバイスまでも、なんなら端末を所持していなくてもネットカフェとか行けば、どこからでもインターネットにアクセスできる環境があるわけで、ということは利用を最初から18歳以上にしか開放していないWebサービスでないかぎり、いつまでたってもイタチごっこなわけです。

お笑い芸人のダウンタウン松本さんも何かのときに発していたように、パパ活とかも含め、性行為そのものがなくても、なんらかの犯罪性を臭わせる出会い行為は両成敗、買う側ばかりでなく売る側の児童であっても処罰すべきであろうと思います。

一度でもそういう事をしたら、自分の将来、未来はどうなるのか?という具体的なイメージを教育させ反省させる意味からも罰則や指導などの強化を図るべきだろうと。

先頃、関連性で言えば、強姦等に関する法律が改正され、罰則なども重くなりましたね。

無理矢理は絶対にダメ!愛のある行為のために出会いを求めるべき。
ただし、その愛が目的のため手段の一つになっても絶対ダメ!なことは論ずまでもないことです。

ようは出会いの目的、出会って何をしたいのか、何を目的に出会いたいのかを明確にするべきだろうと思います。
なお、恋愛ならば未成年でもいいだろうという考えは、何をもって未成年でもと捉えているのかが問題であり法律の出来ている根本であることを忘れてはならないと思う。

早くSNS等での出会い行為に対する規制が早期に設けられることを切に強く願う。