先般、ミクシィーグループの運営するYYC (ワイワイシー)がアダルトカテゴリーの廃止を公表しました。
それ以来、めっきり?業者の影は鳴りを潜めた感が否めませんが、実はヒッソリみたいな情報もチラホラと耳にしたりします。
実際がどうなのかは明確に把握できていません。しかし、鳴りを潜め手口を変え品を変え活動している業者は確実にいるんだろうと予想します。

さて、当の業者さんが潜伏する確率のというかシェア率の高い出会い系サイトは果たしてどこなのだろうか?ということなんですが、正直こればっかりは地域によっても格差があるんだろうと思います。

例えば、管理人の活動エリアである地域で言えば、先ごろ運営に問題があり、代表者が逮捕にまで至ったハッ○ーメールでも、それほど掲示板投稿数があるわけでもない代わりに業者と見込まれる投稿者の割合は高いと考えられます。また逆に同様に掲示板で比較すれば、投稿数の少ないイ○クルは割合からすれば業者率は低いんじゃないかと見ています。

一般的に登録者数も多いことから、掲示板の投稿数も多い代わりに比例して業者率も圧倒的に高いのがワク○クメールなんじゃないかと思います。

あとはここ最近掲示板の投稿数が増え、伸びてきているP○MAXでしょうか。

ただ、24時間365日全てを監視、さらに全員にアプローチして調査統計を取っているわけでもありませんので、あくまでも自分の活動範囲における実感触から得た個人的意見感想です。

そういう意味でも、本当に業者ではない真に出会いを求めているアダルトありの相手というのは奇跡に近い、というのはリアルの世界と何ら変わるものではないと言えるかもしれません。